読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行Live 〜 羽田ー伊丹便アップグレード成功٩( 'ω' )و

題名どおり、国内線ファーストクラスへのアップグレードが成功しました٩( 'ω' )و

今日はこれを狙っていて、早く家を出たのですが、シャワーを浴びて一息ついた6:15にアップグレード完了しました〜

 

カラクリは当日キャンセルが発生した席に(要領よく)運良く割り当ててもらった。という訳です。

よーく考えたら朝の7:30発の飛行機を予約したものの急に会議が入るとか、寝坊とか、ありますよね。しかも経費でファーストクラス乗る人がほとんどだから正規運賃な訳ですよね。キャンセルしても一円も損しないのでキャンセルの数も少なくないですね。

 

とはいえ、国内線ファーストクラスでも最短距離の伊丹便でアップグレードしたかというと、

機内食早食い競争」

「飲みきりサイズのシャンパン」

を体験したかったからなんです!

 

さて、どうなるか?

楽しみです٩( 'ω' )و

修行Live 〜 バスタ新宿 4:40

おはようございます

 

「まだ」朝の4:40です。

眠いです。

今日もバスタ新宿まではUBER

降りてからの最短ルートもバッチリ。

券売、乗り場のお兄さんからは

「いつもありがとうございます!」

と、JALのCAさんへかける言葉が。。。

 

なぜ、早いか?

今日の経路の兼ね合いで7:30の便で出発なのです。

に、しても4:40新宿は早すぎます。

 

「朝のラウンジ シャワーは競争だから」

 

という理由もありますが。。。

まずは空港で相談してみましょう٩( 'ω' )و

 

いってきます!

修行LIVE 〜 6レグ目 鹿児島ー羽田 お尻が痛くならない方法

f:id:B737-800_2K:20170221194018j:image

 

さて、最後は鹿児島から羽田へ戻ります。

 

最後の最後にプチ騒ぎになってしまいました٩( 'ω' )و

 

まずは鹿児島空港の制限エリアでBA発券の搭乗券受取。そこで、JALカードを提示して、「サクララウンジを利用したいのでFFPJALでお願いします」とはっきり言ってわけわからん事をお願いしました。

「はーい」と言って出てきたチケットは見事にBAのマイル登録。人の話聞いてくれてないし〜と思いながらも、ラウンジの入場をことわられたらもう一度お願いすればいい事ですからね。

 

魚を求めて一旦、制限エリアを出ます。3回の和食レストランに鮨カウンターがありまして、地魚を美味しく食べさせてくれるんです。運が良ければ「森伊蔵」も呑めます。たった600円で(*⁰▿⁰*)  焼酎と、地魚の刺身(生鰹、みずいか、きびなご) いつもながらとっても美味しい魚でした。おかわりしたいくらいでした٩( 'ω' )و  しかもたったの1700円!また行きます!よろしくお願いいたします〜

 

そして機内にて、もうそろそろドアクローズというところで、最初のグラウンドさんが機内に登場!

「びーすりー様、先ほどのマイル加算でございますが、ブリティッシュ エアウエイズになっておりまして…」とのご説明、謝罪、お伺いの羞恥プレイが始まってしまいました 笑。

笑顔で「サクララウンジを利用できたのでどうでもいいですよ。ニコッ」とご挨拶で終了〜。周囲の人は「なにごと〜?」といった雰囲気でしたねー。スンマセン。

 

離陸してまもなく「お尻の痛み」がやってきました。気づいたら腰が前の方に行っていて、正しい場所に荷重していなかったのですね。

 

【お尻が痛くならないコツは正しい姿勢か、フルフラットの二者択一】びーすりー談 。

これ、結構効きますよ。正しい姿勢っていい事あるんですね〜。

 

という訳で無事に羽田に到着です

修行LIVE 〜 種子島ー鹿児島

f:id:B737-800_2K:20170221174525j:image

 

アイランドホッピング最後は種子島ー鹿児島です

 

帰りの便は少し席が空いてそうだったので、種子島空港で1Aへ座席変更。

SAABの1AはQ100の1Aとは少し違うんですね。どちらも希少種には違いありません。

 

CAさんはマジメタイプの少しふくよかな、話しかけやすい雰囲気の方だったので緊張しなくてすみました。

 

宇宙基地が上空から見られるのかな〜なんて期待したのですが、見られるわけもなく、あっさり帰路につきました。

 

驚いたのはSAABのドアというか階段部分の収納方法が独特で忘れられない思い出となりました。持ち上げてから、機首方向にスライドして収納なんて想像もつきませんでした!

 

機内からの景色は夕暮れ時の素晴らしい景色でうっすらと雲の間から島が頭を覗かせ、まるで水墨画を見ているかのようでした。

 

f:id:B737-800_2K:20170221174524j:image

 

さて、鹿児島空港で50分間。鮨は食べられるのでしょうか?少しは食べたいなぁ。といった気分です٩( 'ω' )و

 

修行LIVE 〜 4レグ目 鹿児島ー種子島

f:id:B737-800_2K:20170221164258j:image

 

4レグ目は種子島です。

種子島路線は往路もしくは復路の予約が取れず、今日やっと往復取れてタッチがなんとか成立しました٩( 'ω' )و

 

大好きなSAAB一人席へ乗り込むと機内は満席。この路線は生活路線というより、あの分野の方々の出張の足といった匂いが感じられます。 (そんなに需要あるなら共同で専用機を飛ばせばいいのに 笑)

 

もう最近はチケットを手配してから日が経っているので、前日夜に経路を確認して、機材まで確認することなく当日を迎えています。苦労してSAABの一人席を確保したことも全くもって忘れてました 苦笑。

 

種子島、鹿児島から近いんです。飛行時間は30分位。回数修行のために飛んでいるとしか思えない お話しになっていますね。とはいえ、回数修行ならもっといい路線を知っているので、未開拓路線に搭乗したい。という欲求を満たす。しかないですね〜。

 

あ、最後は横風でクラブランディングで、ミニマム。かなりレベル高い操縦でした!

 

f:id:B737-800_2K:20170221164240j:image

 

f:id:B737-800_2K:20170221164258j:image

修行LIVE 〜 3レグ目 奄美大島ー鹿児島

f:id:B737-800_2K:20170221154304j:image

 

さあ、奄美大島から鹿児島へ帰ります。

実は2レグ目ではちょっとしたハプニングがありました。お隣さんが赤ちゃん連れのお母さんだったのです。お子さんはギリギリ2歳くらいかな?

気圧の変化で泣いてしまった時に、CAさんが見てたんですね。ちょっと お子さんと遊んでいたところを。

帰りにお手紙とぷるぷる飛行機✈️を頂いてしまいました。これね、何個頂いても嬉しいんです。愛らしい形なので♡

 

さて、奄美空港で何をしたか?

座席の変更をお願いしちゃいました。最前列のCAさんとのお見合い席です。

 

f:id:B737-800_2K:20170221154309j:image

 

Q100の膝が当たりそう。までいきませんが、お互い視線をずらしての離着陸です 苦笑。目的は「仲良くなること」でなく、少し広い席が欲しかっただけです。往路の狭さは今日の体調には少し厳しかったのです。

DHC-8-Q400って機体が大きく、Q100に比べて余裕のようなものを感じますね。また、座席1ABは足元が広くとっても快適でした

 

離陸すると眼下に綺麗な奄美大島の海岸線が見られて、なんとも贅沢な気分でした。

ジェット機とは異なるノイズを身体いっぱいに感じながらの移動というのもいいもんですね。大型のジェット機に乗ると快適性を高めようと考えてしまい、耳栓してノイズを避けたり、機内エンターテイメントで退屈しのぎをしますけど、景色を眺めたり、貰った飴ちゃん食べたり、遠足気分になってしまいます。

もちろん、この記事も機内で書いていて、着陸したらすぐに投稿です٩( 'ω' )و

 

そういえば、奄美空港で鶏飯食べようと思ったけど、今回も食べられませんでした。いつか、ゆっくり旅できるかな?

 

f:id:B737-800_2K:20170221154306j:image

修行LIVE 〜 2レグ目 鹿児島ー奄美大島

f:id:B737-800_2K:20170221141848j:image

 

さあ、アイランドホッピング開始です。

奄美大島へ。飛行機はDHC8-Q400です。ボンバルディアの飛行機なので「ぼんぼん」って呼ぶ方も多いですね。

プロペラ機が就航しているところは滑走路が短い空港が多いので、パワーを蓄えて加速する時の加速感が普段は感じられないものなので新鮮だったりします。

また、ジェット機の半分くらいの高度を飛行するので景色がよく見られる。というのも利点ですね。

 

びーすりー は離島マニアという訳ではないので、JAL修行でもしなければ経験しないフライトだったかと思います。

 

バスや電車のように飛行機に乗る人々に囲まれながらたのしいフライト✈︎です